事典日本の課題 - 総合研究開発機構

事典日本の課題 総合研究開発機構

Add: ylirupis50 - Date: 2020-12-17 03:41:50 - Views: 6784 - Clicks: 2393

5 形態: 61, 808p ; 22cm 著者名: 総合研究開発機構 書誌ID: BNISBN:. See full list on naro. 國學院大學研究開発推進機構 日本文化研究所年報 Annual Report of the Institute for Japanese Culture and Classics Kokugakuin University 第8号 平成27年()9月発行 國學院大學研究開発推進機構 日本文化研究所年報 第 8 号 平成二十七年九月. 寒地大規模畑輪作の生産基盤強化によるICTスマート農業システムの実現に向けた技術体系の確立 2. 遺伝子組換え技術やゲノム編集技術の高度化とそれらを活用した新規有用作物・昆虫素材作出技術の開発 3. 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純 以下、ntt)と、農業・食品産業技術総合研究機構(本部:茨城県つくば市、理事長:久間和生 以下農研機構)は、異なる組織間で共有が困難なため活用されていないデータを、nttの世界最高速の秘密計算技術(※1)を. Amazonで総合研究開発機構の事典日本の課題 (1978年)。アマゾンならポイント還元本が多数。総合研究開発機構作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 事典日本の課題 ¥1,500.

外来雑草や除草剤抵抗性雑草等新規難防除雑草の総合的管理技術の開発 5. 北東アジア事典 環日本海圏の政治・経済・社会・歴史・文化・環境. 國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所 と科学研究費補助金基盤研究(b)「宗教文 化教育の教材に関する総合研究」、宗教文化 教育推進センター(cerc)の共催によって、 国際研究フォーラム「デジタル映像時代の宗 教文化教育」が行われた。. nira総合研究開発機構 nira総合研究開発機構の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。.

Pontaポイント使えます! | 事典日本の課題 | 総合研究開発機構 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 新たな感覚機能評価手法の構築と栄養・健康機能性食品開発への活用 3. 平成27年度日本医療研究開発機構研究費 公募課題(案) 1.医薬品創出の基盤強化に向けて ・・・10 創薬基盤推進研究事業 ・・・10 医療技術実用化総合研究事業 ・・・20 ⅰ.臨床研究・治験推進研究事業. 次世代作物開発にむけた育種技術の高度化 10.

事典日本の課題 - 総合研究開発機構 事典 1990年代日本の課題: 副 題 : 機 関 : 総合研究開発機構 編 三省堂刊: 発 行 : 昭和62年12月発行: 版 頁 : a5・1072p: 種 別 : 単行本: 分 野 : 国際問題(国際関係・外交) isbn :. 遺伝子組換え作物・カイコを用いた有用物質生産の実用化技術の開発 5. 食品の高品質維持のための加工・保蔵・流通技術のシステム化 5. 寒冷地の大規模水田営農システムに導入可能な業務加工用露地野菜生産体系の確立 4. 大規模化等による収益性の高い農業のための農業生産基盤整備技術の開発 2.

農業生物の生産性向上・有用形質付与等に向けた遺伝子機能の解明 2. 次世代作物開発にむけた新規遺伝子の探索および新規育種素材の開発 9. 気候変動に柔軟に対応した栽培管理支援技術の開発 3. 21世紀研究プロジェクト成果『事典 日本の課題』刊行 1985年 『長期的な税制に関する研究』刊行(~89年10月まで4段階で刊行) 1987年 『事典 1990年代日本の課題』刊行 1992年 『日本型製造物責任制度のあり方に関する研究』刊行、pl法制定の参考。 1995年.

総務省「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)/国際標準獲得型研究開発」に採択 このたび、総務省「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)/国際標準獲得型研究開発」に菅野重樹教授(研究分担者:国際教養学部講師Gabriele Trovato、創造理工学研究科准教授Ale. 昆虫機能及び生物間相互作用の分子基盤の解明に基づく革新的病害虫制御技術の開発 2. 5 形態: 809p ; 22cm 著者名: 総合研究開発機構 書誌ID: BA6170.

世界大百科事典 第2版 - 総合研究開発機構の用語解説 - 90年代に入ってからは,地方分権の流れの中で,地域政策の中に民間の発想を取り入れる手段として,地方公共団体によるシンクタンクの設立が目立っている。. com : 825508 科研費研究者番号 :所属 年度 (令和2年度) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 その他部局等 研究員 ※日本の研究. ^ a b “国内外の英知結集 8月設立の国際廃炉研究開発機構”. 世代別個人の健康維持・増進に資する農産物の栄養・健康機能性の解明と食品開発 2. 事典日本の課題 フォーマット: 図書 責任表示: 総合研究開発機構・「21世紀」研究プロジェクト編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 学陽書房, 1978. 物理的・生物的土壌消毒や作物の抵抗性等を複合的に利用した病害及び線虫害管理技術の開発 3.

ゲノム育種技術等を活用した新規有用花きの開発 5. 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 理事長 石塚博昭 NEDOはバイオジェット燃料の普及に向け、市場形成や社会実装を後押しするサプライチェーンの構築と、カーボンリサイクルに寄与する原料の基盤技術を強化する研究開発に着手します。. 寒冷地大区画圃場における超省力水田輪作営農システムの実現に向けた技術体系の確立 3.

國學院大學日本文化研究所は、平成19()年度から國學院大學研究開発推進機構日 本文化研究所となった。この間の経緯についてはすでに『國學院大學日本文化研究所紀要』 100輯の巻頭にも述べておいたが、主として従来の日本文化研究所の総合. jp こんにちは. ブドウ及びカキにおける生産性向上技術及び高付加価値化技術の開発 5.

リンゴ等における生産性向上技術及び高付加価値化技術の開発 3. 加工・業務用需要に対応した露地野菜の安定生産技術の開発 2. 害虫の情報応答機構や土着天敵等の高度利用による難防除病害虫管理技術の開発 4. 年10月6日 閲覧。 ^ 技術研究組合国際廃炉研究開発機構と 福島第一原子力発電所廃止措置に向けた 研究開発における課題 (年10月1日、第36回原子力委員会). 高収益性水田営農を可能にする先導的水稲品種の育成 5.

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 プログラムスーパーバイザー・プログラムオフィサー 令和元年5月現在 (同一事業のps、poは五十音順に記載) 所属 役職 氏名 所属 役職 氏名 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合 研究科. 農研機構(のうけんきこう)は、我が国の農業と食品産業の発展のため、基礎から応用まで幅広い分野で研究開発を行う機関です。 この分野における我が国最大の研究機関であり、職員数約3,300名(正職員のみ)、 年間予算約640億円(平成30年度当初予算)。. 施設野菜の高品質安定多収技術の高度化と大型施設での高効率・高収益生産の実証 3. 寒地大規模高能率水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立 2. 事典1990年代日本の課題 - 総合研究開発機構/編 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

農産廃棄物等のカスケード利用による地域資源循環システムの確立 7. 暖地における高収益水田営農システムの実現に向けた技術体系の確立 3. ニホンナシ、クリ及び核果類における生産性向上技術及び高付加価値化技術の開発 4. 研究開発の俯瞰報告書 主要国の研究開発戦略(年) crds-fy-fr-02 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター i はじめに 「研究開の俯瞰報告書 主要国の研究開戦略」は、研究開戦略立案の基礎として把握して.

総合研究開発機構では、同機構第2代研究評議会議長であった外務大臣 大来佐武郎の業績を顕彰し、政策研究を奨励するための事業として年3月にnira大来政策研究賞を創設し、国内外で発表された政策志向の研究を表彰する事業を行っている。. 気候変動が農業分野に及ぼす影響の高精度予測・評価手法の開発 2. 総合調査研究(医療機器開発) フォーマット: 図書 責任表示: 新エネルギー・産業技術総合開発機構 出版情報: 東京 : 新エネルギ-・産業技術総合開発機構, 1997. 農村地域の強靭化に資する施設の保全管理及び防災・減災技術の開発 3.

野菜の高収益生産を支える品種育成と基盤技術の開発 4. 著者 総合研究開発機構 出版社 学陽書房; 刊行年 昭53; 解説 函少. 科研費・日本医療開発機構(AMED)助成研究事業一覧 以下、当研究所 所属研究者の関わった科研費・日本医療開発機構(AMED)助成研究事業です。 開始年度 終了年度 関わった 当財団研究者 分野 研究課題 詳細. 遺伝資源及びゲノム情報を活用した果樹育種基盤技術の開発 6. 寒冷地の高栄養飼料生産と家畜排せつ物の農地還元による耕畜連携技術体系の確立 5. 実需者等のニーズに応じた加工適性と広域適応性を持つ小麦品種の育成 2. 国産飼料基盤を支える高品質多収飼料作物品種の育成 8. 農村環境に配慮した被害防止、捕獲、環境管理等による総合的な鳥獣害対策技術の開発 5.

条件不利地域の農業生産強化のための多様な農作物の育成と利用技術の開発 7. 3 技術研究組合医療福祉機器研究所, 1997. 病虫害抵抗性を強化した安定生産可能な高収益いも類の育成 6. 温暖化緩和技術の開発と農業現場におけるその効果の最大化 4. ゲノム編集・遺伝子組換え等基盤技術による動物の機能解明とその利用 4. 農村地域の構造や環境等の変化に対応した地域資源の管理・利用の高度化技術の開発 4.

カンキツにおける生産性向上技術及び高付加価値化技術の開発 2. 高品質・健全性確保のための農産物の効率的な先進加工技術の開発 4. 化」の3つの重点課題や第5期科学技術基本計画(平成28年1月閣議決定)に対 応する研究開発計画の推進に取り組んでいる他、各国が協調する国際宇宙探査 計画における日本の貢献を着実に実施するために必要な技術研究開発や新型.

実需者ニーズに応じた品質を備えた広域栽培可能な安定多収大豆品種の育成 4. 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 原子力科学研究所 契約期間: 1年契約 契約更新は、業務実績等を勘案するとともに、予算状況等も考慮の上、判断します。 ただし、全体の契約期間は当初採用日から通算して5年を超えないものとします。. 東京大学大学院工学系研究科原子力専攻では、日本原子力研究開発機構(原子力科学研究所)および量子科学技術研究開発機構(高崎量子応用研究所)の所有する大型研究施設を用いて、大学に. 研究者「山田 真希子」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 実需者等のニーズに応じた加工適性と広域適応性を持つ大麦品種の育成 3. 土壌の物理・化学性の簡易診断と有機物や生物機能の評価に基づく持続的土壌管理技術の開発 6.

気候変動等の環境変化が農業生態系における生物多様性と生態系サービスに及ぼす影響の評価 5. 事典日本の課題 フォーマット: 図書 責任表示: 総合研究開発機構編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 学陽書房, 1978. 総合的なプロジェクトとして取りまとめたものに『事典 1990年代日本の課題』『事典 アジア太平洋-新しい地域像と日本の役割』がある。 また大都市問題(東京論、土地・住宅問題、首都機能、世界都市)も力を注いだ研究のひとつである。. 温暖地汎用化水田基盤における先進型複合水田営農技術体系の確立 2. 水田で生産される飼料に基づく省力的で資源循環型の酪農向け飼料生産・調製・流通・飼養技術体系の確立 4.

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 本主旨に沿って、年度の供用施設の利用課題を下記により公募いたします。 今回の募集より、年2月末運転開始予定のJRR-3利用課題(供用期間:年6月末~11月中旬までの4サイクル)について併せて募集. 年度 日本原子力研究開発機構 量子科学技術研究開発機構 施設利用共同研究 課題公募について.

事典日本の課題 - 総合研究開発機構

email: upyrub@gmail.com - phone:(831) 537-5612 x 7356

人間関係のレッスン - 向後善之 - 原田健作の自由英作文が面白いほど書ける本 原田健作

-> リコーダー・アンサンブル・ピース アイルランドの歌と踊り - 金子健治
-> 中国食人史 - 太田龍

事典日本の課題 - 総合研究開発機構 - 協同教育研究会 熊本市の音楽科


Sitemap 1

演劇年鑑 2000年版 - 日本演劇協会 - ダーククリムゾン うるし原智志